どの方法が高く買取ってもらえる?

マイナスポイントを取り除く

着物を高く買い取ってもらうには、まず良い状態にしておくことが必要です。『もう必要ない』と思い、すぐに買い取ってもらうと、いくらか損をしてしまうので、必ずケアしておくことが求められます。
例えば、着物にシミがあれば、クリーニングで取り除きましょう。また、糸のほつれや生地に傷があった場合は、可能な範囲で修繕しましょう。もう使わないとしても、高く買い取ってもらうには良い状態であることが条件なので、面倒くさがらずに取り組むことが必要です。着物なので、折り目や入れ物もポイントになってくるので、細かくチェックし、より良い状態になるよう心掛けると良いでしょう。新品だった時を思い出すと、高く買い取ってもらえる確率が上がります。

買い取ってもらえるお店をいくつもチェックする

お店によって、買取金額が異なるので、いくつか候補を挙げておくと良いです。その候補のお店を回り、高く値がついたところで買い取ってもらうと得することができます。
お店で注目すべきポイントは、『着物を扱っていること』、『売られている着物の値段が高いこと』、『店員が着物に詳しいこと』、この3つになります。着物がないお店では売れない可能性があるので、候補から除外しておくと良いでしょう。着物が売られているお店であれば、必ずいくらで売っているかを確認し、それより少し低い額で買ってもらえることを知ることができます。あまりにも売値が安ければ、そのお店で買い取ってもらう必要はないでしょう。実際に着物を買い取ってもらう場合、店員にチェックしてもらい、さらに交渉することができます。このとき、店員が素人であれば、妥当な値段がつかない可能性があります。だから、なるべく店員が着物について、ある程度知識があることに限定しておくと良いでしょう。

© Copyright New Kimono. All Rights Reserved.